スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書 【夜行観覧車】 湊かなえ

2010年09月22日 20:08

【夜行観覧車】 湊かなえ

yakou

舞台は高台にある高級住宅地。
何ひとつ不自由なく見えた高橋家で、父親であるエリート医師が殺されるという事件が起こります。母親は夫を殺したと自供。次男は行方をくらまします。
一方、高橋家の向かいの遠藤家では中学生の娘の家庭内暴力に苦しんでいました。
物語は、この2家族を交互に語って進みます。

家庭というのは、他人には何一つ不自由なく見えても、その内側では計り知れない悩みがあるものです。高橋家では、医師である父親に恥じないような学歴を求める母親と、それに応えきれない息子の葛藤がありました。
また、遠藤家の場合も身につまされます。無理を重ねて高級住宅地に一戸建ての家を建てたものの、その無理が娘の家庭内暴力という形で噴出してくるのです。この娘の暴れっぷり身勝手ぶりは同情の余地がないほどでした。
また、高橋家や遠藤家に興味津々の、高級住宅街を取り仕切る主婦・さと子のお節介な行動にもうんざりです。
結局みんな自分のことしか考えていないし、救いがどこにも見当たらないのです。これが“湊かなえ”節なのかもしれません。ここまでくると“湊かなえ”節も痛快になってきます。

ラストは希望の光が微かに見えたような気もしましたが、きっと気のせいでしょうね・・・。


ということで、michi的堪能度 ★★★



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。